for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ソニー攻撃のハッカー集団、「アノニマス」との共同作戦を表明

 [ボストン/ヨハネスブルク 21日 ロイター] ソニー6758.Tや米上院、米中央情報局(CIA)などのネットワークへの侵入を表明しているハッカー集団の「ラルズ・セキュリティ(ラルズセック)」は20日、国際的なハッカー集団「アノニマス」と共同でさらなるサイバー攻撃を行う考えを明らかにした。

 アノニマスは、政府等の内部文書公開サイト「ウィキリークス」を非難する企業や団体への攻撃で知られ、ソニーや各国政府へもハッキングを行っている。

 ラルズセックはツイッターへの投稿で「政府へのハッキングが現在、ひそかに進行している」と表明。今後、政府や銀行、他の有力団体から機密情報を奪う考えを示した。

 ラルズセックはこれまで、ソニーやCIA、ニューズNWSA.O傘下のフォックステレビなどにサイバー攻撃を仕掛けたと主張。これらのサイトは多くが一時アクセス不能になったほか、ユーザー情報も漏えいしている。

 一方、英ロンドン警視庁は21日、ラルズセックをめぐる捜査で、コンピューターの不正使用と詐欺の容疑で英東部エセックス州に住む19歳の少年を逮捕したと発表。

 ロンドン警視庁は、少年がラルズセックのメンバーかどうかについて言及を避けたが、ラルズセック側はツイッターで少年がチャットルームを主催していたとコメントしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up