for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トリシェECB総裁、ユーロ圏債務危機は金融安定にとっての脅威と警告

 [フランクフルト 22日 ロイター] トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁は22日、ユーロ圏債務危機を警告する信号の色は赤と警告した。

 欧州システミックリスク理事会(ESRB)の議長である同総裁が、記者団に債務問題に関連して信号の色を尋ねられると「個人的には赤だと思っている」と答えた。

 また「金融安定にとって最も深刻な脅威というのが、理事会のメッセージだ」と述べた。

 ギリシャ債務については、民間投資家は償還時にロールオーバーが求められる見込みだが、会合では民間を含んだギリシャ債務のロールオーバーは議題とならなかったという。

 さらにトリシェ総裁は、債務の大きい国と銀行セクターのつながりは、欧州の金融安定にとって最大の脅威との認識を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up