April 19, 2018 / 4:09 AM / 3 months ago

体操=ロンドン金の元米代表選手、性的虐待は「何百回も」

[18日 ロイター] - 体操の元米国代表選手で、ロンドン五輪金メダリストのマケイラ・マロニーさんは18日、米テレビ番組に対し、米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告から「何百回」もの性的虐待を受けたと明かした。

 4月18日、体操の元米国代表選手で、ロンドン五輪金メダリストのマケイラ・マロニーさん(写真)は米テレビ番組に対し、米国体操連盟の元チームドクター、ラリー・ナサール被告から「何百回」もの性的虐待を受けたと明かした。ロンドンで2012年7月撮影(2018年 ロイター/Brian Snyder)

同被告は女子選手に対する虐待行為を認め、終身刑の判決を受けた。当局はマロニーさんの五輪でのチームメート数人を含む260人以上が同被告から性的虐待を受けたとしている。

マロニーさんは、初めて虐待された日に「身体をチェックする。このことは誰にも分からないし、五輪に行くための代償だ」と言われたと述べた。その言葉を聞いて、「私もこのことは誰にも話したくないし、誰にも理解してもらえないだろうと思った」と心の内を明らかにした。

マロニーさんは、22日に放送される米NBCの「デートライン」のインタビューで、数年にわたるナサール被告からの性的虐待について語る。米体操連盟でかつてコーディーネーターを務めたベラ・カロリー、マルタ・カロリーの両氏も性的虐待問題について初めて発言する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below