for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米マースが「スニッカーズ」などを自主回収、独でプラ片混入

 2月23日、世界屈指の食品メーカー、米マースは、欧州を中心とする55カ国でチョコレート製品の「スニッカーズ」などを自主回収(リコール)している。写真は同社のスニッカーズ。サラエボで撮影(2016年 ロイター/Dado Ruvic)

[フランクフルト/ロンドン 23日 ロイター] - 世界屈指の食品メーカーで非上場の米マース(本社ニュージャージー州)は、欧州を中心とする55カ国でチョコレート製品の「スニッカーズ」などを自主回収(リコール)している。

リコールは実質的に22日に開始した。ドイツで1月8日にスニッカーズにプラスチック片が混入していたと消費者から苦情が寄せられ、現物が送られてきたことを受けた措置だ。

マースによると、スニッカーズなどのリコール対象製品はすべてオランダにある工場で製造され、ドイツやフランス、英国といった欧州各国のほか、一部のアジア諸国でも販売されていた。

マースのオランダ部門広報担当者は23日、「このプラスチック片が当該のスニッカーズだけに入っていたかどうかは確かめられない」としながらも、「われわれの品質基準を満たせないような製品が市場に出回っていてほしくないので、すべて回収することを決めた」と説明した。

この広報担当者はリコールの財務面での影響には言及しなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up