July 26, 2018 / 8:47 AM / 5 months ago

丸井グループ、積み立て投資専門の証券会社を9月に発足

[東京 26日 ロイター] - 丸井グループ(8252.T)は26日、積み立て投資専門の証券会社「tsumiki証券」の営業を今年9月に開始すると発表した。

顧客は、つみたてNISAの対象の投資信託4本を、同グループが発行するクレジットカード「エポスカード」で購入できる。同証券の代表取締役CEOに就任する寒竹明日美氏は会見で、5年をめどに黒字化する目標を掲げた。

tsumiki証券で購入できるのは、長期の資産形成にふさわしいと選んだ、コモンズ投信、セゾン投信、レオス・キャピタルワークスの3つの運用会社が手掛ける計4本の投信。

顧客は、月々3000円から最大5万円まで投資できる。エポスカードの1回払いで購入し、金利や手数料はかからない。積み立て金額や投資期間に応じ、エポスカードのポイントが付与される。

丸井グループの顧客層である若年層をメインターゲットに、10年後に顧客100万人、預かり資産残高1兆円を目指す。

tsumiki証券の収入源は信託報酬のみとなる。顧客から受け取る信託報酬を運用会社と折半するため、同証券に入るのは年0.5%弱になるという。寒竹氏は「システム投資など初期コストはかかるが、カード会員や丸井の店舗など丸井グループの経営資源を生かせば、非常にローコストな運営になる」と述べた。

丸井グループは今年5月、証券業への参入を発表していた。

和田崇彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below