for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

印マルチ・スズキ、7─9月期は純利益が4倍超に増加

 スズキの子会社であるインドの自動車大手マルチ・スズキ・インディアが28日発表した第2・四半期(7─9月)決算は、純利益が206億2000万ルピー(2億5003万ドル)となり、前年同期の4倍超に増えた。写真はマーネーサルにあるマルチ・スズキの工場で2019年8月撮影(2022年 ロイター/Anushree Fadnavis)

[ベンガルール 28日 ロイター] - スズキの子会社であるインドの自動車大手マルチ・スズキ・インディアが28日発表した第2・四半期(7─9月)決算は、純利益が206億2000万ルピー(2億5003万ドル)となり、前年同期の4倍超に増えた。リフィニティブ・IBESがまとめたアナリスト予想の191億3000万ルピーを上回った。

第2・四半期は販売台数が過去最高を記録したことや、コモディティー価格の下落が利益を押し上げた。ただ同社は向こう数カ月にわたり半導体不足が続くと改めて警告した。

同四半期の販売台数は前年同期比36%増の51万7395台だったが、電子部品不足の影響で約3万5000台を生産できなかった。

利払い・税・償却前利益(EBITDA)に基づく利益率は9.25%で、前期の7.2%、前年同期の4.2%から上昇した。

好調な需要を反映し、9月末時点の受注残は約41万2000台となり、6月末時点の28万台から増えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up