for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

印マルチ・スズキ、4─6月は上場来初の最終赤字 コロナが打撃

 7月29日、スズキ傘下のインド大手自動車メーカー、マルチ・スズキ・インディアの4─6月決算は、四半期としては2003年の上場以来、初の最終赤字となった。写真はマルチ・スズキの工場。2019年8月、ハリヤナ州で撮影(2020年 ロイター/Anushree Fadnavis)

[ベンガルール 29日 ロイター] - スズキ7269.T傘下のインド大手自動車メーカー、マルチ・スズキ・インディアMRTI.NSの4─6月決算は、四半期としては2003年の上場以来、初の最終赤字となった。新型コロナウイルス流行を受けて実施されたロックダウン(都市封鎖)で供給網が途絶し、販売が落ち込んだ。

4─6月の純損益は24億9000万ルピー(3330万ドル)の赤字。前年同期は143億6000万ルピーの黒字だった。

リフィニティブが集計したアナリストの平均予想は29億6000万ルピーの赤字だった。

インドはコロナ感染拡大防止のため、3月下旬から2カ月あまりにわたりロックダウンを実施した。

マルチによると、4─6月はロックダウンの影響で、ほとんど生産も販売もできず、およそ2週間分に相当する生産量しかなかった、という。

販売台数は前年比81%減の7万6599台。売上高は約79%減の410億7000万ルピー。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up