Reuters logo
F1=今季で引退のマッサ、表彰台から母国ファンに別れ
2017年11月13日 / 02:55 / 10日後

F1=今季で引退のマッサ、表彰台から母国ファンに別れ

[サンパウロ 12日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第19戦、ブラジル・グランプリ(GP)は12日、ブラジルのサンパウロで決勝レースを行い、7位に終わったフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)はレース後に表彰台から母国のファンに別れを告げた。

11月12日、自動車レースF1の今季第19戦、ブラジル・グランプリ(GP)は、ブラジルのサンパウロで決勝レースを行い、7位に終わったフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)はレース後に表彰台から母国のファンに別れを告げた(2017年ロイター/Paulo Whitaker)

36歳のマッサは今季限りでの引退を表明しており、母国でのレースはこれで最後だった。チェッカーフラッグを受けた直後には、チームラジオで7歳の息子フェリピーニョから「父を誇りに思う」というメッセージが届けられた。

3位までの選手たちの表彰が終わると、マッサ親子は表彰台に招かれてファンの声援に応えた。マッサは「今日はとても感情的になっている。レース結果に満足しているし、マシンの出せる最大限の結果を残せた」と述べた。

マッサは昨季限りで引退の予定だったが、チーム事情もあり今季も現役続行した。昨季のブラジルGPが雨の中でリタイアに終わったことに触れ「昨年は多くの情熱と愛をファンから受け取ったが、望むレースはできなかった。今日は、その望んだレースができた。これがもう1年続けた理由だ」と喜びの言葉を残した。

マッサはフェラーリ時代に通算11勝を挙げている。アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開催される今季最終戦がラストレースになる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below