for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスターカード、利益が4四半期連続で予想上回る 旅行回復が寄与

米クレジットカード大手マスターカードが28日発表した第3・四半期決算は4四半期連続で利益が市場予想を上回った。6月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic)

[28日 ロイター] - 米クレジットカード大手マスターカードが28日発表した第3・四半期決算は4四半期連続で利益が市場予想を上回った。新型コロナウイルス制限措置の緩和に伴う旅行や出張などの再開を追い風に、クロスボーダーの支出がコロナ禍前の水準を回復した。

調整後の1株利益は2.37ドルと、リフィニティブがまとめたアナリスト予想の2.19ドルを上回った。

決済総額(ドル建て)は20%急増の約2兆ドル。

クロスボーダー決済も52%拡大した。

メーラ最高財務責任者(CFO)によると、旅行は世界の全地域で増えたが、とりわけ欧州やカナダが顕著だったという。

純収入は30%増の50億ドルで、予想の49億5000万ドルを上回った。

競合のアメリカン・エキスプレス(アメックス)やビザの四半期決算も軒並み好調な内容となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up