January 31, 2019 / 7:27 PM / 3 months ago

米マスターカード、10―12月期利益が予想上回る 決済額急増

[31日 ロイター] - 米クレジットカード大手のマスターカードが発表した第4・四半期決算(12月31日まで)は、カード決済の大幅な伸びに伴い利益が予想を上回った。

昨年の米年末商戦は過去6年間で最も好調となり、消費者のカード決済を後押ししたという。同業のビザが前日発表した決算も底堅い内容だった。

第4・四半期の決済総額(ドル建て)は9.5%増の1兆5500億ドル。決済処理件数(現地通貨建て)は247億件と21%拡大した。

一方、海外での利用額の指標となるクロスボーダー決済額(ドル建て)の伸びは13.8%と、前年同期の22.4%から鈍化した。

純利益は16億ドル(1株1.55ドル)と、前年同期の12億ドル(同1.14ドル)から増加。アナリスト予想は1株1.52ドルだった。

純収入は38億1000万ドル。前年同期は33億1000万ドル。リフィニティブのアナリスト平均予想は37億9000万ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below