Reuters logo
米裁判所、マティス作品モデルの孫の訴え棄却 「盗難」絵画巡り
September 22, 2017 / 5:38 AM / 3 months ago

米裁判所、マティス作品モデルの孫の訴え棄却 「盗難」絵画巡り

[ニューヨーク 21日 ロイター] - 英ロンドンのナショナル・ギャラリーが所有するフランスの画家アンリ・マティスの絵画について、作品のモデルとなった女性の孫3人が、絵画が盗まれたものだと主張し返還を求めていた裁判で、米ニューヨークの裁判所は21日、原告の訴えを棄却した。

マンハッタン連邦地裁の判事は、ナショナル・ギャラリーと英国が主権免除によって守られるとしたほか、孫3人が訴えを起こすのに時間をかけすぎたと指摘した。

問題の絵は1908年製作の「グレタ・モールの肖像」で、英国とドイツに住む孫3人によると、第2次世界大戦後直後に盗まれた。3人は、絵が盗まれた可能性があるという情報をギャラリーは見過ごしたとし、「戦争関連」の盗難から利益を得るべきでないと主張した。

この絵は、モデルのマルガリータ・モールさんの夫が購入し、その後ドイツに移された。1947年の夫の死去後、混乱を避けるためモールさんは絵画を夫の教え子に預けたが、孫らによると、この教え子は作品と共に姿をくらました。その後、絵画はマンハッタンやロンドンの画廊などを経て、1979年にナショナル・ギャラリーが購入したという。

判事は、連邦外国主権免除法に基づき、絵画の返還は必要とされないと指摘。また孫3人が訴えを遅らせたとし、絵画の当時の状況を知っている人物の多くは現在では死去しているか、高齢ではっきりとした記憶を持っていない可能性が高いと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below