March 10, 2020 / 7:20 AM / 5 months ago

マクセル、一転赤字予想に修正 新型コロナの影響で調達が停滞

[東京 10日 ロイター] - マクセルホールディングス株式会社(6810.T)は10日、2020年3月期の連結営業損益予想を7億円の赤字に下方修正したと発表した。従来予想は20億円の黒字だった。

新型コロナウイルスの拡大に伴い、民生用リチウムイオン電池、プロジェクター、理美容製品などの中国工場の操業度の低下、各事業における中国からの製品・部品の調達の停滞、中国向け販売の減少などの影響が大きく出ているという。

当期損益予想は45億円の赤字に下方修正した(従来予想は17億円の黒字)。期末配当予想は無配に修正し、年間配当予想は268円に下方修正した(従来予想は286円)。

新田裕貴

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below