April 12, 2019 / 5:41 AM / 2 months ago

アングル:メイ英首相の更迭は可能か

[ロンドン 11日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、メイ英首相に辞任を求める圧力が強まっている。メイ氏は離脱を見届けた後に辞任する意向を示しているが、与党保守党がそれより前に同氏を更迭することはできるのだろうか。

 4月11日、英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、メイ英首相(写真)に辞任を求める圧力が強まっている。ブリュッセルで11日撮影(2019年 ロイター/Susana Vera)

考えられる更迭手続きをまとめた。

●党首信任投票

保守党は昨年12月、メイ氏に対する党首としての信任投票を行ったが信任され、罷免に至らなかった。規定により、党首信任投票は1年間は再実施できない。

●内閣不信任案

議会は、メイ内閣への不信任決議案の投票を行うことができ、賛成多数となればメイ氏は辞任に追い込まれる可能性がある。

不信任となった場合でも、14日以内に再び信任投票を行って信任を得れば、メイ氏は政権を維持することができる。この間、野党労働党も政権樹立を試みることが可能。

14日以内に議会で過半数を制する政権が樹立できない場合、総選挙が実施される。

今年1月、メイ氏は労働党が求めた不信任決議案の投票で信任を勝ち取った。しかし労働党はいつでも不信任投票の再実施を要請することができる。

不信任決議を通すには、与党議員数人もしくは北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)の議員らが不信任に賛成するか、棄権する必要がある。

離脱派の与党議員数人は、造反も辞さない姿勢を示しているが、実際に投票となった時に造反するかどうかは不明。

内閣不信任案が可決されても、メイ氏が保守党党首を辞任する義務はないが、政治的に見て党首を続けることは考えにくい。

●保守党内での辞任圧力

総選挙のリスクを冒さずにメイ首相を辞めさせる正式な手段が無いため、保守党議員らは辞任圧力をかける代替的な手法を探している。

メイ氏は先に、EU離脱を6月30日から再延期することはないと述べていたが、このほどEUと10月末までの再延長で合意した。

既にこの点が辞任要求の根拠として使われている。

一部議員は党首選を司る党内委員会に対し、メイ氏不信任の書簡をまとめて同氏に渡すことで、同氏が党内の支持を失ったことを示すよう要請している。

デーリー・テレグラフ紙の報道によると、党首信任投票の1年以内の再実施を禁止する規定を変更することも検討されている。草の根の党員1万人の署名があれば、規定変更手続きに入れる可能性があるという。

不満を抱く党員は5月初めの地方選結果にも注目している。英国が同月の欧州議会選に参加する場合には、その結果も注目材料。これらの選挙で保守党が惨敗するようなら、党首交代を求める根拠に使われるだろう。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below