November 7, 2018 / 12:21 AM / 13 days ago

メイ英首相、5つの経済諮問会議を設置 EU離脱巡り政府に助言

 11月6日、メイ英首相は、欧州連合(EU)離脱に絡み国内の主要産業が直面する問題について政府に助言する経済諮問会議を新たに5つ設置した。写真は首相官邸を出る同首相。10月にロンドンで撮影(2018年 ロイター/Simon Dawson)

[ロンドン 6日 ロイター] - メイ英首相は、欧州連合(EU)離脱に絡み国内の主要産業が直面する問題について政府に助言する経済諮問会議を新たに5つ設置した。首相官邸が6日、明らかにした。

諮問会議はそれぞれ10人前後のメンバーで構成され、2人の企業トップが共同議長を務める。1年に3回会合を開き、そのうち2回はメイ首相が出席する。

メイ氏は声明で「将来に向けて英国を形作るに当たり、新たな諮問会議には企業にとって何が好機で何が課題なのかについて助言を求めた」と表明した。

英政府は財界との対話を強化しており、前週にはメイ首相とハモンド財務相が財界幹部約150人と会合を開き、EU離脱を巡る財界側の懸念について協議した。

メイ氏は7日に新たな諮問会議の議長らと首相官邸で面会する。

諮問会議は「金融・ 専門・教育サービス」と「工業・インフラ・製造業」、「通信・創造産業・技術・メディア」、「消費者・小売・生命科学」、「小規模企業・ スケールアップ企業・起業家」の5つに分類されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below