February 3, 2019 / 11:55 PM / 20 days ago

メイ英首相、EU離脱案巡る再交渉で「現実的な」打開策模索へ

2月3日、英国のメイ首相(写真)はサンデー・テレグラフ紙への寄稿で、欧州連合(EU)離脱案の再交渉では、国内の行き詰まりを打開するために「現実的な解決策」を探る考えを示した。英メイデンヘッドで撮影(2019年 ロイター/Henry Nicholls)

[ロンドン 3日 ロイター] - 英国のメイ首相は3日付のサンデー・テレグラフ紙への寄稿で、欧州連合(EU)離脱案の再交渉では、国内の行き詰まりを打開するために「現実的な解決策」を探る考えを示した。

英議会は前月、メイ首相がEUと合意した離脱協定案を否決したが、その後、アイルランドとの国境問題に関するバックストップ(安全策)を代替措置に置き換えることを求める修正案を賛成多数で可決、EUとの再交渉を目指すメイ氏の方針を事実上、支持した。ただ、EUはバックストップに関する再交渉を拒否する立場を示している。

メイ氏は寄稿で「議員らは北アイルランドのバックストップに修正が加われば、私がEUと合意した離脱案を支持すると表明した」と指摘。「新しい責務とアイディア、英国民が国民投票で支持したブレグジット(EU離脱)を実現するための現実的な解決策で合意するという新たな決意を携えて、私は英国と北アイルランドのために戦う」と表明した。

ただ、与党保守党の強硬離脱派の代表格、スティーブ・ベーカー議員はツイッターで、バックストップに関する合意が単なる補足文書にとどまれば、合意案は再び大差で否決されることになると警告した。

メイ首相は3月29日の離脱日は変更しない考えをあらためて示した。首相府はまた、メイ氏の顧問らが6月の総選挙を検討しているとする国内2紙の3日付の報道を否定した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below