for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本の生産維持可能、中国都市封鎖で2カ月しのげる対策済み=マツダ専務

 11月30日、マツダの向井武司専務執行役員は、記者団に対し、新型コロナウイルス感染拡大で再び始まった中国のロックダウン(都市封鎖)による生産への影響を防ぐため、今夏から日本に中国からの調達部品を取り寄せ、在庫を十分確保しておく対策をすでに講じていると明らかにした。写真は同社のロゴ。ジュネーブで2019年3月撮影(2022年 ロイター/Pierre Albouy)

[東京 30日 ロイター] - マツダの向井武司専務執行役員は30日、記者団に対し、新型コロナウイルス感染拡大で再び始まった中国のロックダウン(都市封鎖)による生産への影響を防ぐため、今夏から日本に中国からの調達部品を取り寄せ、在庫を十分確保しておく対策をすでに講じていると明らかにした。

ロックダウン期間が約1カ月、ロックダウン解除後に従業員が職場に復帰するのにもう1カ月、計2カ月程度の影響が続くと想定して対策をとっているといい、「今のところ、生産の維持は十分できる」との見解を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up