September 21, 2018 / 6:42 AM / 3 months ago

マツダ、7月豪雨の影響で約280億円の営業損失発生の見通し

 9月21日、マツダは、7月豪雨の影響による操業の一時休止やその後の生産量抑制によって生産台数が当初計画を下回り、業績に対して約280億円の営業損失となる見通しになったと発表した。写真はマツダのロゴ。5月に東京で撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 21日 ロイター] - マツダ(7261.T)は21日、7月豪雨の影響による操業の一時休止やその後の生産量抑制によって生産台数が当初計画を下回り、業績に対して約280億円の営業損失となる見通しになったと発表した。生産台数は当初計画より車両4万4000台、海外生産用部品2万3000台の減少となる見通し。今後も今期の生産・出荷計画の精査、見直しを進めるとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below