for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マツダ、国内外で約25万台リコール、バルブスプリング不良で

 11月8日、マツダは、エンジン部品の不良により、「アクセラ」「アテンザ」「CX―5」「CX―8」の4車種、計23万5293台(2012年2月13日―18年7月4日製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。写真は都内で5月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 8日 ロイター] - マツダ7261.Tは8日、エンジン部品の不良により、「アクセラ」「アテンザ」「CX―5」「CX―8」の4車種、計23万5293台(2012年2月13日―18年7月4日製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。事故は確認されていないが、不具合が255件報告されている。昨年2月23日にリコールを届け出ているが、改善措置の内容が不十分だったため、再びリコールを実施する。

海外では、タイと台湾にもリコール対象車があり、海外分を合わせると、計約25万5000台となる。

エンジンの吸気側バルブスプリングにおいて、スプリング荷重の設定が不適切なため。エンジン回転が不安定になり、最悪の場合、エンジンが停止するおそれがある。リコール対象車で吸気側バルブスプリングを対策品と交換する。同社広報によると、「作業に3時間ほどかかる」という。

同社は同日、バルブスプリングのほか、エンジン関連で2件のリコールも届け出た。エンジンの吸気シャッタ・バルブの制御プログラム、エンジンの排気圧センサで異常判定プログラムがそれぞれ不適切なため。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up