June 9, 2014 / 5:28 PM / 6 years ago

米マクドナルドの5月既存店売上高は+0.9%、米国の不調続く

 6月9日、米マクドナルドの5月世界の既存店売上高は0.9%増となった。1月14日、カリフォルニア州の店舗で撮影(2014年 ロイター/Mike Blake)

[9日 ロイター] - 米マクドナルド(MCD.N)が9日発表した5月の世界の既存店売上高は0.9%増と、小幅な伸びにとどまった。

米国内の既存店売上高が1%減と、7カ月連続でマイナスとなったことが響いた。競争激化や、従業員による最低賃金引き上げを求める抗議活動などが響いた。コンセンサス・メトリックスがまとめたアナリスト予想は0.1%増だった。

ただ、中国の販売が改善したことが支えとなり、世界既存店売上高は市場予想の0.8%増は上回った。

アジア・中東・アフリカの既存店売上高は2.5%増と、アナリスト予想の0.7%増を大幅に上回った。前年同月は、中国で拡大した鳥インフルエンザの影響が業績を下押ししていた。

欧州は0.4%増と、アナリスト予想の0.5%増を若干下回った。

マクドナルドは昨年、総売上高の40%を欧州で、31%を米国で稼ぎ出している。

米株式市場午前の取引でマクドナルドの株価は約0.5%安で推移した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below