Reuters logo
テニス=マッケンロー氏がツアー日程の見直し要求、故障者続出で
2017年8月26日 / 02:37 / 1ヶ月前

テニス=マッケンロー氏がツアー日程の見直し要求、故障者続出で

 8月25日、男子テニスの元世界ランク1位、ジョン・マッケンロー氏(写真)は、四大大会最終戦、全米オープンを多数のトップ選手がけがで欠場することを受け、ATPツアーに日程の見直しを要求した。ロンドンで7月撮影(2017年 ロイター/Toby Melville)

[25日 ロイター] - 男子テニスの元世界ランク1位、ジョン・マッケンロー氏は、四大大会最終戦、全米オープン(ニューヨークで28日開幕)を多数のトップ選手がけがで欠場することを受け、ATPツアーに日程の見直しを要求した。

世界ランク10位の錦織圭は手首のけがで同大会を欠場。同4位のスタン・バブリンカ(スイス)、同5位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)も同大会を含めて、今季残り試合を欠場する。同11位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)は手首のけがで同大会を欠場するが、年内にツアー復帰できる見通し。

四大大会通算7勝を誇るマッケンロー氏は米スポーツ専門チャンネルESPNに対し、「シーズンの日程は9─10カ月に縮められたが、さらに短縮する可能性について検討するべきかもしれない」とコメントした。

さらに「予想が難しい場合もあるが、選手たちに疲労が蓄積していることは事実。(現代テニスでは)ショットの威力がこれまで以上に強いため、もっと早く反応しないといけない。これはけがが続出している理由のひとつ」と指摘。「選手たちの能力を最大限に引き出す方法について、今後も考えていくべき」との見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below