for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

F1=憶測高まるマクラーレン、来季エンジンについて検討

 7月31日、自動車レースF1のマクラーレンは、来季どのエンジンを使用するか判断する上で、この先の数週間が鍵になるとの見方を示した。写真はマクラーレンのフェルナンド・アロンソ。英シルバーストーンで15日撮影(2017年 ロイター/Jason Cairnduff)

[ブダペスト 31日 ロイター] - 自動車レースF1のマクラーレンは、来季どのエンジンを使用するか判断する上で、この先の数週間が鍵になるとの見方を示した。

マクラーレンの責任者、ジョナサン・ニール氏はロイターに対し、「誰もが話し合いを続けているが、残り時間はわずか」と発言。「今後4─5週間で判断を下さなければならない」と語った。

フェルナンド・アロンソ(スペイン)らドライバーは新たな契約を結ぶ前に、各チームがどのエンジンを使用するか確認したいとしている。マクラーレンでは来季からエンジンをホンダからルノーに変更するとの憶測が高まっている。

ニール氏は「全員にとっての解決策はあると思う。それがフェルナンドのチーム残留につながるものであることを願っている」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up