April 10, 2018 / 12:18 AM / 8 months ago

F1=ライコネンにひかれ骨折のメカニック、手術は成功

 4月9日、自動車レースF1の今季第2戦、バーレーンGPでマシンにひかれ、脚を骨折したフェラーリのメカニック(中央)の手術は成功したという。バーレーンで8日撮影(2018年 ロイター/Giuseppe Cacace/Pool via REUTERS)

[マナマ 9日 ロイター] - 自動車レースF1の今季第2戦、バーレーン・グランプリ(GP)でキミ・ライコネン(フィンランド)のマシンにひかれ、脚を骨折したフェラーリのメカニックの手術は成功したという。

8日に行われた決勝のピットストップでは、左リアタイヤの交換が終わる前に青信号となったため、ライコネンがスタート。メカニックのフランチェスコ・チガリーニ氏がひかれ、左脚を2箇所骨折した。ライコネンはピットレーンで停車し、そのままリタイアした。

チガリーニ氏は9日、左脚にギプスをはめた状態で病院のベッドに横たわり、親指を立てて無事をジェスチャーする写真をインスタグラムに投稿。その後、松葉杖をついて立つ姿も投稿した。

同氏は「手術は成功しました。心配してくれたすべての人に感謝しています」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below