October 9, 2018 / 2:07 AM / 11 days ago

日・メコン地域首脳会議、持続可能な開発議論 米朝会談を評価

[東京 9日 ロイター] - 日本とメコン川流域5カ国による首脳会議が9日午前、都内で開催され、安倍晋三首相とカンボジアやラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの首脳が参加した。持続可能な開発目標(SDGs)の実現に貢献するプロジェクトを次回首脳会議で採択することなどを決めた。

 10月9日、日本とメコン川流域5カ国による首脳会議が午前、都内で開催され、安倍晋三首相とカンボジアやラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムの首脳が参加した。写真は赤坂迎賓館で撮影(2018年 ロイター)

「東京戦略2018」と銘打った新たな指針を採択。南シナ海での航行や上空飛行の自由の重要性などを確認し、中国による南シナ海の軍事拠点化を念頭に「懸念に留意する」とした。米朝首脳会談や南北首脳会談については「朝鮮半島の恒久的な平和と安定につながり得る、北朝鮮に関する諸懸案の包括的な解決に向けた一歩」として歓迎した。

安倍晋三首相は会議後の記者会見で「これまで以上の民間投資が実現するよう政府開発援助(ODA)などの公的資金を活用し、これを呼び水として後押しする」と強調。「国際的なスタンダードに適合した質の高いインフランを推進する」と述べた。

朝鮮半島については「非核化を実現するため安保理決議の完全な履行が重要であることで一致し、拉致問題の早期解決についても支持を得た」と強調した。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below