for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

陸上=メルドニウム陽性のペトロバ、薬物違反を全面否定

 3月28日、ドーピング検査で禁止薬物メルドニウムに陽性反応を示した陸上女子三段跳びのガブリエラ・ペトロバは、薬物違反を全面的に否定した。オスロで2015年6月撮影。提供写真(2016年 ロイター/Vegard Wivestad Grott/NTB Scanpix)

[ソフィア 28日 ロイター] - ドーピング検査で禁止薬物メルドニウムに陽性反応を示した陸上女子三段跳びのガブリエラ・ペトロバ(23、ブルガリア)は、薬物違反を全面的に否定した。

2月に実施されたドーピング検査で陽性反応を示したペトロバは28日、記者会見で「いかなる形でも反ドーピングのルールには違反していない。胸を張って前に進める」とコメント。「この薬の使用は昨年9月にやめた。2016年に入ってからは触ってもいない」と説明した。

メルドニウムは血流を促進させ、体内への酸素供給を高める効果があるため、アスリートの体力回復に役立つとされる。世界反ドーピング機関(WADA)により、今年1月1日から禁止薬物に指定されたが、それ以来100人以上のスポーツ選手による使用が発覚している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up