September 23, 2018 / 2:10 AM / 3 months ago

ゴルフ=ツアー選手権で松山は16位に後退、ウッズが単独首位

 9月22日、米男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権の第3ラウンド、10位でスタートした松山英樹は71で回り、通算1アンダーの209で16位に後退した(2018年 ロイター/John David Mercer-USA TODAY Sports)

[22日 ロイター] - 米男子ゴルフのプレーオフ最終戦、ツアー選手権は22日、アトランタのイーストレークGC(パー70)で第3ラウンドを行い、10位でスタートした松山英樹は71で回り、通算1アンダーの209で16位に後退した。

メジャー大会で通算14回の優勝を誇るタイガー・ウッズ(米国)が65でラウンド。通算12アンダーの単独首位に立った。

ウッズはPGAツアーで通算79勝を挙げているが、2013年以降、優勝から遠ざかっている。

世界ランク1位のジャスティン・ローズとロリー・マキロイ(ともに英国)が3打差の2位に並んだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below