May 31, 2018 / 12:12 AM / 3 months ago

テニス=錦織がペールをフルセットで下し3回戦へ、全仏OP

[パリ 30日 ロイター] - テニスの四大大会の第2戦、全仏オープンは30日、パリのローランギャロスで男子シングルス2回戦を行い、第19シードの錦織圭はブノワ・ペール(フランス)を6─3、2─6、4─6、6─2、6─3で下し3回戦に進出した。

 5月30日、テニスの全仏オープン、男子シングルス2回戦で錦織圭(写真)はブノワ・ペールを6─3、2─6、4─6、6─2、6─3で下し3回戦に進出した(2018年 ロイター/Pascal Rossignol)

地元ファンの大歓声に後押しされたペールはドロップショットや力強いバックハンドなど多彩なショットを繰り出して2セットを奪ったが、錦織が確実性を重視したゲーム運びで戦いを制した。

錦織は試合後、「きょうは悪くなかった。2年前にはもっと苦しい2試合があったし、ここの観衆には慣れていると思う」と述べた。3回戦ではジル・シモン(フランス)と対戦することになり、今大会で3戦連続地元選手との顔合わせとなった。

そのほか第2シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)、第4シードのグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)、第8シードのダビド・ゴフィン(ベルギー)、第20シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)らが勝ち上がった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below