July 31, 2020 / 5:59 PM / 10 days ago

米メルク、コロナ経口薬の大規模治験9月に開始 ワクチンは年内

[31日 ロイター] - 米製薬メルク(MRK.N)は31日、経口投与が可能な新型コロナウイルス感染症治療薬について、2件の大規模治験を9月に開始すると明らかにした。新型ウイルスワクチンについては年内に治験を開始する。

メルクはバイオ企業のリッジバック・バイオセラピューティクスと提携し、新型ウイルス感染症の経口薬を開発中。年内に大量生産が可能になるとしている。

新型ウイルスワクチンの治験については、テミス・バイオサイエンスの買収を通して開発を進めているものは現四半期中、非営利研究団体IAVIとの提携で開発しているものは年内に開始する。 [nL4N2D83ID]

第2・四半期決算は、売上高が7.6%減の108億7000万ドル。新型ウイルス感染拡大の影響で売上高が16億ドル目減りしたことで減収となったが、アナリスト予想の103億9000万ドルは上回った。

がん免疫治療薬「キイトルーダ」の売上高は約29%増の33億9000万ドルと、市場予想を上回った。

通年業績については、調整後の1株当り利益見通しを5.63─5.78ドルとし、従来の5.17─5.37ドルから上方修正した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below