Reuters logo
ディーゼル燃料、地球温暖化対策の目標達成に必要=独首相
2017年8月21日 / 01:16 / 3ヶ月前

ディーゼル燃料、地球温暖化対策の目標達成に必要=独首相

[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は20日、ディーゼル車の早期廃止に警告を発し、ディーゼル燃料は気候変動問題への取り組みで目標を達成するために必要との認識を示した。テレビ局RTLが放送したタウンホールイベントで述べた。

 8月20日、ドイツのメルケル首相(写真)は、ディーゼル車の早期廃止に警告を発し、ディーゼル燃料は気候変動問題への取り組みで目標を達成するために必要との認識を示した。写真はベルリンで18日撮影(2017年 ロイター/Hannibal Hanschke)

排ガス不正問題に直面するドイツ自動車メーカー各社に対し、ディーゼル車への国民の信頼回復に努めるよう促し、「われわれが温暖化対策の目標達成を望むならディーゼルは必要だ」と指摘した。

ディーゼル車は地球温暖化ガスの二酸化炭素の排出量は少ないが、高濃度で呼吸障害を引き起こす二酸化窒素の排出量が多い。

首相はまた、ドイツの自動車所有者が受け取る補償が米国と比べて少ないことについて、両国の法律制度が非常に異なるためだと説明した。

その上で、ドイツの自動車メーカーは不正対象車の所有者に可能な限り最善の補償を行う必要があると指摘。そうでなければ「世界から高く評価されているドイツの自動車業界は重大な損害を被る可能性がある」と警告した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below