for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スポーツ選手長者番付でメッシ首位、日本勢最上位は錦織の35位

 米経済誌フォーブスは11日、2019年度版のスポーツ選手長者番付を発表し、サッカーのバルセロナ(スペイン)に所属するアルゼンチン代表リオネル・メッシが1億2700万ドル(約138億円)で1位だった。ブエノスアイレスで5日撮影(2019年 ロイター/Agustin Marcarian)

[11日 ロイター] - 米経済誌フォーブスは11日、2019年度版のスポーツ選手長者番付を発表し、サッカーのアルゼンチン代表リオネル・メッシが1億2700万ドル(約138億円)で1位だった。

昨年トップだったボクシング5階級制覇のフロイド・メイウェザー(米国)は過去7年で1位4回と長者番付の常連だったが、昨年12月に日本でエキシビションマッチを1回戦っただけだったこともあり、今年度のリストではトップ100圏外となった。

2位はサッカーのクリスティアノ・ロナルド(ポルトガル)で1億900万ドル、3位は同じくサッカーのネイマール(ブラジル)で1億500万ドルだった。

日本勢ではテニスの錦織圭が3730万ドル(約41億円)で最上位の35位だった。

トップ100のうち、米プロバスケットボール(NBA)の選手が最多35人を占め、そのうちレーカーズのレブロン・ジェームズが8900万ドルでトップだった。

次に多かったスポーツは米ナショナルフットボールリーグ(NFL)で19選手となっており、15選手の野球、12選手のサッカーと続いている。

また、国籍別では米国が62選手でトップとなっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up