for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メタのザッカーバーグCEO、メタバース構築に向けたAIプロジェクトを説明

 2月23日、交流サイト(SNS)フェイスブックを運営する米メタのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は社内のライブ配信イベントで、メタバース(巨大な仮想現実空間)の構築に向けた主要なステップの概略を説明し、音声による世界の生成、音声アシスタントとのチャット方法の改善、言語間の翻訳などのため人工知能(AI)研究に取り組んでいると明らかにした。2021年10月撮影(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

[23日 ロイター] - 交流サイト(SNS)フェイスブックを運営する米メタのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は23日に開かれた社内のライブ配信イベントで、メタバース(巨大な仮想現実空間)の構築に向けた主要なステップの概略を説明し、音声による世界の生成、音声アシスタントとのチャット方法の改善、言語間の翻訳などのため人工知能(AI)研究に取り組んでいると明らかにした。

ザッカーバーグ氏はモバイルインターネットの後を継ぐのはメタバースだとみており、「これら多くの進歩を解き放つ鍵はAIだ」と話した。

メタは新しい種類の生成系AIモデルに取り組んでいると述べ、「ビルダー・ボット」と呼ばれる仕組みを紹介。自ら画面に3Dのアバターとして登場し、音声コマンドでビーチや雲、樹木などを出現させて見せた。

今後について、「この技術をさらに進化させれば、音声だけで繊細な世界を作り出し、その世界を探索し、他の人と体験を共有したりできるようになる」と述べた。ただ、取り組みの進展についてのスケジュールは示さず、ビルダー・ボットの細かな機能の説明もしなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up