November 27, 2019 / 1:24 AM / 12 days ago

10月の世界粗鋼生産、前年比2.8%減=世界鉄鋼協会

[ロンドン 26日 ロイター] - 世界鉄鋼協会(WSA)が26日発表した10月の世界粗鋼生産量は前年同月比2.8%減少した。1─10月の生産量は、今年初めに中国の生産量が増加したことから前年同期比3.2%増となった。

キャピタル・エコノミクスのチーフ商品エコノミスト、キャロライン・ベイン氏は「主要消費地域での経済成長がさえないことから、生産量は向こう数カ月、引き続き低調だと考える」と指摘した。

欧州鉄鋼連盟(Eurofer)によると、欧州連合(EU)の生産量は8.7%減少。域内の企業は今年、最低1500万トンの生産量削減を発表している。

中国の生産量は、建国記念日の祝賀行事中の大気汚染緩和に向けた生産能力縮小も一因となり0.6%減少した。ただ、ベイン氏はこの制限が解除されたことから今後生産量は伸びるとの見方を示した。

データは加盟国64カ国から収集。これらの国で昨年は世界の生産量の99%を占めた。

(単位は1000トン)

Oct 2019 Oct 2018 Pct Chg 1-10 2019 1-10 2018 Pct Chg

Global 151.5 155.8 -2.8 1541.6 1494.2 3.2

China 81.5 82.0 -0.6 829.2 771.8 7.4

EU 13.3 14.6 -8.7 135.5 140.6 -3.6

India 9.1 9.4 -3.4 93.3 90.7 2.8

Japan 8.2 8.6 -4.9 83.8 87.2 -3.9

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below