for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

隕石落下による死亡か、インド南部の大学で4人死傷

[チェンナイ 8日 ロイター] - インド南部タミルナド州の工科大学敷地内に謎の物体が落下し、男性1人が死亡した。隕石落下により死亡した可能性があり、調査が行われている。

事実と証明されれば、隕石による死亡例としては約200年ぶりとなる。

現場では謎の爆発が起き、窓ガラスが割れて、小さなクレーターができたほか、ダイヤモンドに似た青い石が見つかったという。 

タミルナド州政府当局者は、大学で屋外にいたバスの運転手が隕石落下により死亡し、遺族に10万ルピー(約17万円)の補償金が支払われたと説明。「男性は重傷を負い、病院に搬送される途中で死亡した」と述べた。

当局者によると、このほか造園作業員2人と学生1人が負傷した。

大学の学長は爆発について「聞いたことのない音だった。においも、火もなかった」と述べた。

国際惑星季報(ICQ)によれば、最後に隕石落下による死亡が報告されたのは1825年。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up