May 8, 2018 / 5:07 AM / 17 days ago

宗教テーマの「METガラ」、リアーナは法王風衣装で登場

[7日 ロイター] - 米ニューヨークのメトロポリタン美術館のコスチューム・インスティチュート主催の展覧会を祝う毎年恒例の春のパーティー、通称「METガラ」が7日開催され、華やかな衣装に身を包んだ多くの著名人がレッドカーペットに登場した。

今年のテーマは「Heavenly Bodies:ファッションとカトリックの想像力」。宗教がテーマということで、かつてないほど議論を呼ぶのではとの懸念もあったが、大半の俳優、モデル、ミュージシャンらは妥当な範囲で、赤、白、ゴールド、黒などの衣装を披露した。

歌手のリアーナは、ローマ法王風の衣装で登場。ケイティ・ペリーはベルサーチのゴールドのミニドレスに大天使を思わせる1.8メートルの白い羽を付けて現れた。

キム・カーダシアンは夫のカニエ・ウェストを伴わずに出席、女神のようなシンプルなゴールドのロングドレス姿を披露した。

その他、マドンナ、ジェニファー・ロペス、ベラ・ハディッドらが豪華な衣装で注目を集めた。

Slideshow (4 Images)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below