December 27, 2019 / 3:19 AM / 6 months ago

メキシコ東部でマヤ文明の宮殿発見、1000年余り前に居住か

 メキシコ東部ユカタン州のクルバ遺跡近くで、古代マヤ文明のエリート層が1000年余り前に居住していたとみられる大型の宮殿が発見された。写真は24日、メキシコ国立人類学歴史学研究所(INAH)が公開した。提供写真(2019年 ロイター/ National Institute of Anthropology and History)

[メキシコ市 26日 ロイター] - メキシコ東部ユカタン州のクルバ遺跡近くで、古代マヤ文明のエリート層が1000年余り前に居住していたとみられる大型の宮殿が発見された。メキシコ国立人類学歴史学研究所(INAH)が発表した。

INAHによると、現代のリゾート地、カンクンに近い地域で発見された宮殿の遺跡は高さ6メートル、長さ55メートル、幅15メートル。宮殿が居住用に使われたのが、西暦600━1050年の2回の長い期間であった可能性を示しているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below