October 15, 2018 / 11:01 PM / a month ago

メキシコ経済相、カナダ鉄鋼関税への懸念表明=関係筋

 10月15日、メキシコのグアハルド経済相(写真)はカナダのフリーランド外相と電話会談を行い、カナダ政府がこのほど発表した鉄鋼製品に対する関税措置に対する懸念を表明した。9月撮影(2018年 ロイター/Henry Romero)

[オタワ 15日 ロイター] - メキシコのグアハルド経済相は15日、カナダのフリーランド外相と電話会談を行い、カナダ政府がこのほど発表した鉄鋼製品に対する関税措置に対する懸念を表明した。カナダ政府関係筋が明らかにした。

カナダ政府は前週11日、7つのカテゴリーの鉄鋼製品について新たなクオータ(輸入割当枠)と関税を導入すると発表。「貿易相手国からの輸入が歴史的な標準を上回った」場合、10月25日から25%の関税を適用するとした。

グアハルド経済相は前週、これについて懸念を表明していた。カナダ政府関係筋はこの日の電話会談について「この件は当然議題に上り、見解が示された」と述べた。

このほか、グアハルド経済相とフリーランド外相は「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の将来についても意見を交換したとしたが、これ以上の詳細については明らかにしなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below