for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メキシコ中銀、0.5%利下げ 経済成長やインフレの安定にリスク

* メキシコ中銀、政策金利を5.50%から5.00%に引き下げ

[メキシコ市 25日 ロイター] - メキシコ中央銀行は25日、政策金利を0.5%ポイント引き下げ5%にすることを全会一致で決定した。経済成長とインフレ率の安定性が短期的にリスクにさらされているとした。

ロイターのアナリスト調査でも、50ベーシスポイント(bp)の追加利下げを決定するとの予想が大勢だった。

中銀は「経済成長に関するリスクバランスは依然として大幅に下方に偏っている」と指摘。今年のインフレ率は最終的に3%目標に近づく可能性があり、中長期的には安定的ながらも「3%を上回る水準」で推移するとみているが、全体的なインフレ見通しは依然として「不確実」とした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up