for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メキシコGDP、4月は17.3%減 過去最大の落ち込み

[メキシコ市 26日 ロイター] - メキシコ国家統計地理情報局(INEGI)が26日に発表した4月の国内総生産(GDP)は、季節調整済みで前月比17.3%減となり、1993年の公表開始以降で最大の落ち込みとなった。新型コロナウイルスの感染拡大抑制に向けたロックダウン(都市封鎖)措置により、製造業などの経済活動が打撃を受けた。

ロイター調査では19.4%減が予想されていた。

季節調整前の前年比では19.9%減だった。

内訳では、農業、漁業、鉱業などの第一次産業が前月比6.4%減。製造業などの第二次産業が25.1%減。サービス業など第三次産業は14.4%減だった。

自動車生産は4月にほぼ停止状態となり、前年比で98.8%減少。業界団体は2020年の自動車生産が約3分の1減少すると予想している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up