for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メキシコ中銀が50bp利上げ、物価圧力抑制に「一段の措置」

[メキシコ市  12日 ロイター] - メキシコ中銀は12日に開催した金融政策決定会合で、政策金利を予想通り0.50%ポイント引き上げ7.0%とした。利上げは8会合連続。中銀はインフレ圧力を抑制するために「一段の強力な措置」が必要になる可能性があるとした。

政策委員5人のうち4人が0.50%ポイントの利上げ、エスピノサ委員が0.75%ポイントの利上げを提案した。

中銀はインフレ率を目標水準(3%の上下1%ポイント)に引き下げるために、これまでに合計300ベーシスポイントの利上げを実施。声明で「インフレ、およびインフレ期待を取り巻く環境が複雑化しているため、目標達成に向け一段と強力な措置が検討される可能性がある」とした。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up