June 25, 2018 / 11:10 PM / a month ago

メキシコ大統領選、新興左派候補が依然トップ=世論調査

[メキシコ市 25日 ロイター] - 25日に公表されたGEA/ISAのメキシコ大統領選(7月1日投票)の世論調査によると、元メキシコ市長で新興政党「国家再生運動(Morena)」を率いる左派候補アンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール氏の支持率が引き続きトップとなった。ただ、2位候補との差は前回調査よりも若干縮小し、12%ポイントとなった。

 6月25日、25日に公表されたGEA/ISAのメキシコ大統領選(7月1日投票)の世論調査によると、元メキシコ市長で新興政党「国家再生運動(Morena)」を率いる左派候補アンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール氏(写真)の支持率が引き続きトップとなった。16日撮影(2018年 ロイター/Jorge Luis Plata)

ロペスオブラドール氏の支持率は35%。5月下旬に行われた前回調査の37%から低下した。

2位の中道連合を率いるリカルド・アナヤ氏の支持率は23%で、前回から横ばいだった。

調査は6月15─17日に1070人を対象に実施された。誤差はプラスマイナス3%ポイント。

与党、制度的革命党(PRI)から出馬しているホセ・アントニオ・ミード氏の支持率は21%で、前回の17%から上昇した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below