for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メキシコ大統領選、左派候補が支持率50%でリード=世論調査

[メキシコ市 4日 ロイター] - エル・フィナンシエロ紙が4日に公表したメキシコ大統領選(7月1日投票)の世論調査によると、元メキシコ市長で新興政党「国家再生運動(Morena)」を率いる左派候補アンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール氏(64)の支持率が50%に拡大した。

ロペスオブラドール氏の支持率は50%と、5月に行われた前回調査の46%からリードを拡大。2位に26ポイント差をつけている。

同氏は公約として緊縮型の政権や汚職撲滅などを掲げ、支持率が落ち込んでいる与党・制度的革命党(PRI)との違いを打ち出している。

中道連合を率いるリカルド・アナヤ氏が24%で2位、PRIのホセ・アントニオ・ミード氏が22%で3位となっている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up