for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-メキシコ下院選挙、与党勢力は過半数維持も議席減らす見込み

(情報を追加しました)

[メキシコ市 7日 ロイター] - 6日実施されたメキシコの連邦下院中間選挙の暫定予想で、ロペスオブラドール大統領の「国家再生運動(MORENA)」を中心とした左派勢力は過半数を維持する一方、議席数を減らす見込みとなった。

選挙管理委員会(INE)の暫定予想では、連立与党は500議席のうち265─292議席を獲得する見込みで、大統領が任期前半で目指した3分の2の議席確保には至らない。

結果は事前予想に沿ったかたちとなっている。

MORENAの改選前議席は253だったが、INEの予想によると獲得議席は190─203にとどまる見込み。

新たな議会は9月に召集される。

58%開票時点の状況は、MORENAを中心とした勢力の得票率は42.3%。主要野党連合は40.7%。

ロペスオブラドール大統領は記者会見で、これまでの政策に対する支持が示されたと指摘。貧困層に対する支援を強化し、改革を継続すると表明した。

対外政策については、独自の外交政策を策定するとしたものの、不法移民の問題などについて、引き続き米政府と協力していくと表明した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up