October 31, 2018 / 7:45 PM / 17 days ago

メキシコ格付け見通し、ネガティブに変更=フィッチ

[メキシコ市 31日 ロイター] - フィッチ・レーティングスは31日、メキシコの格付け見通しを「ネガティブ」に変更した。格付けは「BBBプラス」に据え置いた。

次期政権の政策を巡る懸念から格付けを引き下げる可能性があると説明した。

ロペスオブラドール次期大統領は29日、すでに巨額の資金が投じられた首都メキシコ市の新空港建設中止を表明した。

次期政権下で、石油・ガス部門の民間資本開放などの経済改革が頓挫したり、成長を妨げる政策を導入したりする恐れもあると分析した。

フィッチは「メキシコ市の新空港建設中止決定は、投資家にとってマイナスのシグナルとなった」と指摘した。

発表を受けメキシコペソは対ドルで2%下落。月間では9%近く値下がりし、トランプ氏が米大統領選を制した2016年11月以来の大幅安となる見通しだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below