Reuters logo
NAFTA再交渉、貿易赤字にこだわるべきでない=メキシコ経済相
2017年10月4日 / 08:12 / 19日前

NAFTA再交渉、貿易赤字にこだわるべきでない=メキシコ経済相

[メキシコ市 3日 ロイター] - メキシコのグアハルド経済相は3日、同国と米国、カナダによる北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉会合に先立ち、各国間の貿易不均衡にこだわるのをやめるよう関係国に呼び掛けた。

 10月3日、メキシコのグアハルド経済相(写真左)は、同国と米国、カナダによる北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉会合に先立ち、各国間の貿易不均衡にこだわるのをやめるよう関係国に呼び掛けた。写真はオタワで9月撮影(2017年 ロイター/Chris Wattie)

トランプ米大統領はこれまでに、対メキシコ貿易赤字の縮小に向けた譲歩を引き出せなければNAFTAを破棄すると警告している。

しかし、グアハルド氏は地元テレビのインタビューで、再交渉では貿易赤字に重点を置くべきではないと主張。「貿易赤字の削減が唯一の計測可能な目標だとのビジョンで(交渉を)続けることはできない。貿易赤字の議論は保護主義戦争につながり、合意の進展を阻害する」と語った。

3カ国はNAFTA再交渉の第4回会合を今月11─15日にワシントンで行う。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below