March 2, 2020 / 3:25 AM / a month ago

メキシコ大統領支持率が一段と低下、暴力増加と景気低迷で=調査

 3月2日、調査会社ブエンディア・アンド・ラレドが1日発表した世論調査によると、ロペス・オブラドール大統領(写真)の支持率が一段と低下している。写真はメキシコシティ で2月撮影(2020年 ロイター/Henry Romero)

[メキシコ市 1日 ロイター] - 調査会社ブエンディア・アンド・ラレドが1日発表した世論調査によると、ロペス・オブラドール大統領の支持率が一段と低下している。記録的な暴力事件発生率と景気低迷が原因とみられている。

調査は2月20─26日、1000人の成人に実施。その結果、大統領支持率は62%で、前回調査が行われた昨年11月末時点の67%から低下。昨年2月の支持率は85%だった。

同調査会社のホルヘ・ブエンディア代表は「経済と治安の問題が徐々に支持率を押し下げ始めている」と述べた。

大統領は、過去最悪の水準にある暴力発生率を低下させ、経済成長を加速させると公約して2018年12月に就任。しかし、メキシコは昨年緩やかな景気後退(リセッション)に突入、殺人事件発生率は記録を更新している。

また、世論調査によると、メキシコが誤った方向に進んでいるとの回答は全体の40%で、11月の29%から上昇。一方、正しい方向に進んでいるとの回答は49%となり、同57%から低下した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below