April 23, 2019 / 2:56 AM / 5 months ago

トランプ政権の不法移民対策による国境渋滞、メキシコ外相が批判

[メキシコ市 22日 ロイター] - メキシコのエブラルド外相は22日、トランプ米政権の不法移民対策の影響で米国との国境で交通がまひし、物流が滞っている問題について、それに伴う損失や無意味さを米国に訴えるため、国内北部の複数の州と話し合ったと明らかにした。

米国が国境検問所で入国手続きを担当する職員を不法移民の警備に回すなどしたため、国境では先月から渋滞が発生している。

エブラルド外相はツイッターで、バハ・カリフォルニヤやソノラ、チワワ州などと話し合ったとし、国境検問所での渋滞に伴う損失や無意味さを米国に訴えるため、これらの州とコンタクトを取っていると説明した。

両国を結ぶ物流網を利用する企業の損失は数百万ドルに達しているもよう。米テキサス州エルパソと接するメキシコ北部の町シウダフアレスにある約30社は、米国への輸出の大幅な遅れなどで4月初旬の1週間の損失が1500万ドルに達した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below