July 2, 2018 / 9:29 AM / 3 months ago

メキシコ大統領にロペスオブラドール氏:識者はこうみる

[メキシコ市 2日 ロイター] - 1日に投開票されたメキシコ大統領選で左派のアンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール候補(64)が地滑り的勝利を収めた。市場関係者の見方は以下の通り。

6月2日、1日に投開票されたメキシコ大統領選で左派のアンドレス・マヌエル・ロペスオブラドール候補が地滑り的勝利を収めた。メキシコシティで1日、投票締め切り後に支持者に呼びかけるロペスオブラドール氏(2018年 ロイター/Carlos Jasso)

<ゴールドマン・サックスのエコノミスト、アルベルト・ラモス氏>

われわれはきょう、非常に重要な政治地図と政治勢力バランスの再編を目の当たりにした。国と地方で力の均衡は明らかに左にシフトしたが、今後の政策の方向性や行政機関の運営がどうなるかなど、新たな政治の現実に対する意味合いは不透明だ。

<クレディ・スイスのエコノミスト、アロンソ・セルベラ氏>

ロペスオブラドール氏が重点を置くのは、緊縮策と汚職対策で生じる節約を受けた社会・投資支出の拡大となるだろう。財政面で緊縮策を取ると明言してきたことから、少なくとも2019年初めはそのように進めることが予想される。

<バークレイズのエコノミスト、マルコ・オビエド氏>

対抗勢力がなければペソは今後も圧迫されるだろうが、新大統領が融和的であればペソは今の水準付近で値固めされる可能性がある。

市場は今後数日間、2019年予算やNAFTAへの対応、トランプ米大統領との対話、新大統領が従来型か実用主義者かなどの見極めに集中することになる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below