November 15, 2018 / 8:45 PM / a month ago

メキシコ中銀が8.00%に利上げ、次期政権にインフレ高進を警告

[メキシコ市 15日 ロイター] - メキシコ中銀は15日の政策決定会合で、政策金利を25ベーシスポイント(bp)引き上げ8.00%とした。次期政権の政策がインフレを押し上げる恐れがあるとも指摘し、ロペスオブラドール新大統領に強い警告を発する形となった。

また、追加利上げがあり得るとの見解も示した。

利上げは予想通り。会合メンバーの1人が50bpの利上げを主張し、全会一致にはならなかった。

中銀の声明は今回の利上げについて、インフレ見通しが「大幅に悪化した」ためだと説明。「経済の価格形成プロセスに構造的な影響を与え得る政策が導入される可能性」があるとし、それに関連してインフレが大きなリスクに直面していると指摘した。

政策決定後、メキシコペソMXN=は約1%高となった。

また声明は、金利の据え置きや追加引き上げを含む必要な対策を取り、インフレを目標まで引き下げることを確実にするとした。

中銀はインフレ目標を3.0%、許容範囲を上下1%ポイントとしている。10月は前年比4.9%だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below