May 24, 2019 / 3:01 AM / in 4 months

毎月勤労統計、18年7月以降の確報値を再計算=厚労省

 5月24日、厚生労働省は、毎月勤労統計を算出する際のデータを誤って取り扱った可能性があるとし、2018年7月以降の確報値を再計算していることを明らかにした。写真は都内で2015年10月撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 24日 ロイター] - 厚生労働省は24日、毎月勤労統計を算出する際のデータを誤って取り扱った可能性があるとし、2018年7月以降の確報値を再計算していることを明らかにした。同日公表予定の19年3月と18年度の確報値の公表は見送った。

厚労省によると、常用労働者数を算出する際に使用する雇用保険データを取り違えた可能性があるという。同省では「誤差は極めて小さく給付に影響はない。再計算後の確報値は1週間以内に公表する」(賃金福祉統計統計室)としている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below