June 21, 2018 / 3:11 AM / in 5 months

ゴルフ=ミケルソン、全米オープンでのルール違反を謝罪

 6月20日、男子ゴルフのフィル・ミケルソン(中央)が、先日全米オープンの競技中に、まだ動いている球をパターで打った行為について謝罪した。ニューヨーク州サウサンプトンで16日撮影(2018年 ロイター/Dennis Schneidler-USA TODAY Sports)

[20日 ロイター] - 男子ゴルフの世界ランク19位でメジャー5勝の実績を持つフィル・ミケルソン(48、米国)が、先日全米オープンの競技中に、まだ動いている球をパターで打った行為について「恥ずかしいことをした」と謝罪した。

ミケルソンはニューヨーク州サウサンプトンのシネコックヒルズGC(パー70)で16日に行われた全米オープンの第3ラウンド、13番で球がグリーンから転がり落ちるのを防ごうと、動いている球を追いかけてホールに向けて故意に打ち返した。その時点で既に優勝争いからは脱落していた。

ミケルソンは、ゴルフチャンネルに対し「怒りとフラストレーションから自分を見失ってしまった。自分の行動を恥ずかしく残念に思う」とコメント。「もっと早く謝罪すべきだったが、冷静さを取り戻すのに時間がかかった」と弁明した。

同選手が競技中に取った行動に対して、ゴルフのマナーを逸脱していると批判の声が上がったほか、選手仲間からは失格処分とすべきだったとの意見も多かった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below