for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インドのスマホ市場、マイクロマックスがサムスン抜き首位

 2月4日、調査会社カナリスによると、インドのスマホ市場で2014年第4・四半期に、国内メーカーのマイクロマックスのシェアが初めて1位になった。コルカタで2013年12月撮影(2015年 ロイター/RUPAK DE CHOWDHURI)

[ムンバイ 4日 ロイター] - 調査会社カナリスによると、インドのスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)市場で2014年第4・四半期に、国内メーカーのマイクロマックスのシェアが初めて韓国サムスン電子005930.KSを抜き1位になった。

カナリスが3日発表した調査結果によると、ニューデリー近郊に本社を置くマイクロマックスのシェアは22%となり、サムスンの20%を上回った。

同四半期のスマホ販売数は2160万台となり、前年同期比90%急増した。

カナリスはマイクロマックスのシェア拡大の一因について「スマホへのアップグレードを望む顧客に継続的にアピールした」との見方を示した。

同四半期にインドで販売されたスマホの4分の1程度が100ドル以下であり、100―200ドルの価格帯では41%に上るという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up